0歳児 1歳児

赤ちゃんがハイハイしないと悩むママへ

 

赤ちゃんがハイハイしない

長年健診や支援センターの行っていて最もよく聞くキーワードです。

8か月~10か月を超えた頃からお悩みが1番多いハイハイのことですが

中でもハイハイをしない赤ちゃんの傾向をチェックしていきたいポイントをご紹介します。

  • おすわりや立つことを大人がさせている
  • 椅子や、ラックなどにいる時間が長い
  • うつ伏せの時間が短い

以上の項目が1つでもあったら、その環境を変えることをおススメしています。

 

 

おすわりや立つことを大人がさせてしまうケースは非常に多いのですが、

発達学からみると赤ちゃんでできるようになるまではさせないことがおススメです。

 

大人が座らせたり、立つことをさせてしまうと

 

  • 自分でできる過程を学べない
  • 座る、立つことはそれ以外の発達ができることで、自然とできるようになるもの

 

ママ達は赤ちゃんがハイハイしないと思っているのですが、

赤ちゃんはハイハイしないのではなく、

ハイハイする環境でないことが多いです。

 

赤ちゃんがハイハイしないと思ったら、環境を見直して、うつ伏せの時間を増やしましょう。

もしからしたら、しないのではなくする環境じゃないのかもしれません。

赤ちゃんのハイハイは歩行の安定性へとつながります。

歩き始めてからの姿勢や運動能力はそれまでにできるます。

赤ちゃんがハイハイしない場合は

過ごしている環境・与えている環境をチェックしてみましょう。

メルマガ登録のご案内

ままこやの最新情報はメルマガから配信してます。よろしければご登録ください。 https://www.mamakoya-kosodate.com/maillesson
  • この記事を書いた人

山野井えみ(ベビーとママのための発達教室 ままこや 代表)

1982年、熊本市生まれ。川崎医療福祉大学卒業後、帰熊。医療や保育の現場で小児に特化したリハビリ業務に従事。2012年、発達教室を運営する会社『ままこや』を設立。医療・保育関係、母親向けのセミナーも実施。

-0歳児, 1歳児

Copyright© ママとベビーのための発達教室ままこやオンライン , 2020 All Rights Reserved.